【現実を見る】結果から何を導き出すか





中々blogやSNSの更新を出来ていない吉田です。決してサボっている訳ではありませんよ。
「やる事が沢山あるからです」と言い訳をしております。。。。吉田です。

今日は結果から見えてくるものの考え方について少し書きたいと思います。

どんな行動をしても必ず”結果”がついて回ります。
結果など求めてなくても”結果”があります。良き結果もあれば悪き結果もあります。
当然、捉え方次第では悪き事でも良き事にもなります。

例えば良く「人生勝ち組・負け組」なんて言ったりする人もいますがそれも結果としてみてしまいます。
しかしそれは人によっての捉え方なので、人から「勝ち組」なんて言われる方も見る人によっては「窮屈そうだよね」「幸せじゃないよね」なんて見える場合があるので結果も捉え方次第なんです。

勝負事(試合など)なら勝ち負けと言う結果が出ます。 #当然引き分けと言う結果もあるよ

実力差があり過ぎて”負けて当然”の試合でも試合をする事によって見える所があります。
例えば、

  • 技術が足らない・体力が足らないなど【足らない】のか?
  • 技術などを使う場・タイミングが【違っていた】のか?
  • そもそも出る試合の【選択を間違えた】のか?
  • 練習してきた方法が【悪かった】のか?
    など大敗したとしても

自分の実力を知る良き機会になった

と言う”結果”が導かれます。 #違う捉え方でも良いです
これを「もうだめだ」「出来ない」としてしまえばそれまでです。
自分の実力が分かったと言うことは、練習や取り組む姿勢を変えてみると言う事も出来ます。

負けてしまうと「こいつ最初から強いやん!」って言う人もます。現実逃避ですね。
そう言う人は今後も勝てないし・結果も出ません。結果から目を背けてしまっていますからね。

結果は次へのステップとなります。



プラスの捉え方をすればその様に事が進みます。おこります。
出てきた結果をどう捉え次のステップを導き出すのか?

それは自分次第となります。

そしてここからが更に大事な所です。
その導き出されたものをどう行動に起こすのか?です。
大体が出て来た結果で満足してしまいます。
見えた事で「もう出来る」と勘違いしてしまう。良く見られる行動です。
当然この先結果が出る訳がありません。次のステップへの行動に移ってないからです。

得られてた結果は必ず次の行動を起こす事。

これが大事です。人は時間が経てばどんどん熱(気持ち)も冷めていきます。
びっくりするぐらい冷めます。なので即行動に移しましょう!

即動力

仲良くしていただいてる ジンさん @cap13jin (Twitter)がラジオ番組で話していた言葉です。 #間違ってたらごめんなさい
この言葉が次の結果を良くする答えです。

それでも結果から導き出すのが分からない!って方はご相談ください。
武道・格闘技のみならず様々なご相談承ります。#またこの辺りの詳細は別途このブログにアップします

各SNSへのリンク
https://lit.link/tsune32

それではまた〜

愛知県 春日井市出身・在住 幼少より剛柔流空手を修行し、高校時代よりボクシング・キックボクシング・柔道・柔術など他の武道・格闘技を修練。 現在、空手道剛柔流朋武館を設立。合わせて武道・格闘技道場BreakThroughを主宰し後進の指導にあたる。 師より学んだ剛柔流空手を中心に向こう300年残して行くにはどの様にしたら良いのか研究し実践する『武道LABO』をスタート。 一般的に「武道っていいよね!」と言われる様にと入り組んでおります。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする